長時間不自然な姿勢をとったり、疲労したときなどに不用意に首をひねったり、肩甲骨を

動かしたときなどに起こります。

sleep_animal_dog.png

首をひねったり曲げることが制限され、痛みは首から肩まで及ぶこともあります。痛いところを冷やしたり、逆に温熱を加え手技療法、物理療法をおこないます。また軽い首・肩の運動も有効なことが多いです。