症例 肘(肘内障)

患者:2歳 女児

父親が子どもと両手をつないで引っ張り上げた際に右ぎ腕が痛いと腕を下げた状態で動かさなくなった。その日は日曜日ということで近くの整形外科や接骨院は対応してもらえず、近くはあきらめ、少し離れた接骨院を尋ねたところ大丈夫とのことで診てもらう。

初検状態:来院時、すでに整復されており、女の子は右手を上げることができた。右ひじ周辺を押さえても痛みはなく、腫れなどもない。

     肩周辺(鎖骨も含む)も異常なし。

     家を出る際に着替えさせたとのことでその時に自然に整復されたと考えられます。

2~4歳の幼児に発生頻度が高く、親がこどもと手をつないで歩いているとき,こどもが転びそうになったのでとっさに手を引っ張った時などによく起こります。別名、肘引っ張り症候群とも言われます。

腫れたり、赤くなったりすることはなく急に泣いて腕を動かさなくなります。また 触れられることを嫌がります。

幼児が一人で遊んでいる場合や友達と遊んでいた時などに起こると、幼児であることから原因がはっきりしないことが多く、肘周りの骨折、鎖骨骨折との鑑別が必要になります。

5歳以上になってくると骨格がしっかりしてくるので起きなくなりますが,一度肘内障が起こると繰り返すことがあるので,治ってもそのあとは手を強く引っ張らないようにしましょう.

 

 

 

 

患者:3歳 女児

母親が右手を引っ張った際に発生。右手を押さえて来院される。

P1010186.JPG

 

整復

P1010188.JPG

整復後

P1010189.JPG

整復が完了すると多くの場合、直ぐに腕を自由に動かせるようになります。特別な固定は必要としませんが、短期間で頻回に再発するようであれば固定が必要です。 

トップへ戻る