自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経が優位になると心と体が興奮状態となり、副交感神経が優位になれば心と体が休んでいる状態になります。交感神経・副交感神経のバランスが崩れると不安や緊張が高まり、頭痛、肩こり、不眠など、様々な症状が現れます。自律神経が乱れている身体は筋緊張が著しく、筋肉の緊張を緩めることで自律神経のバランスを整えることでができます。

images (2).jpg