肩こり②

肩こりには、危険な肩こりがあります。

・運動したときに方が痛む・・・心疾患の可能性

・手のしびれや麻痺・・・神経や血管の圧迫されている症状

・首や肩を動かしていないのに痛い・・・骨の異常、内臓疾患の可能性

・徐々に症状がひどくなる・・・進行性の病気(がん)

以上のような症状があるときは病院受診を勧めます。

筋肉の疲れが原因のものは、腰痛と同様、生理的湾曲を取り戻すと痛みは少なくなります。

image001_LI.jpg※ストレートネックは頚部前弯が消失する。

当院では物理療法や手技療法、身体の使い方のアドバイスを行い、肩こりを緩和させます。

 

 

トップへ戻る