症例 肩

【患者】76歳 女性 ※通院期間約3ヵ月半

図1.png

【発生機序】写真矢印の方向へゴミ袋を放り投げた際に、左肩を受傷する。肩に痛み(夜間痛あり)があったが日常生活が送れていたので約6ヵ月放置される。

【初診】接骨院受診時は、腕を挙げていくと45度くらいから痛みが出て、さらに痛みを我慢して挙げると「コツッ!」と音が鳴り、90度以上になると痛みは消え、スムーズに挙上可能。肩甲骨周辺を軽く押さえると痛みがあり、受傷時、痛みがあった部分(肩上部・前部)とは別の部分の痛みが出現している。

【治療・経過】治療初期:温罨法、マッサージ ⇒中期:温罨法、マッサージ、運動 ⇒後期:温罨法、マッサージ、運動、ストレッチを行い、現在は、痛み消失、腕を上げる動作や筋力の左右差もなくなる。「コツッ」という音はほとんど消えたが、時々小さくクリック音が触れる。

 

【治療内容】 

  • 温罨法…乾式ホットパック
  • マッサージ…凝り固まった部分を肩だけに限らず背中全体へ行う。
  • 運動…主に腕の上下運動※強度を徐々に上げますが過度の運動にならないように注意する。
  • ストレッチ…筋肉の伸縮動作を行った後にゆっくり行う。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る